Sunday, 6 May 2012

1988 Cannondale MTB

On Sat afternoon a lady showed up at my bicycle shop with a really old Cannondale MTB that she wanted cleaned up so her daughter could ride it to university . For it's age it was still in good condition and although a full restoration would have been nice, she only wanted it cleaned and ride able rather than restored. It was purchased 24 years ago in a local bicycle shop that no longer exists and during that time it was the bubble era for Japan when people were making a good salary and buying expensive items. The head set, BB and the wheel bearings were still perfect after all those years and although the alloy frame which was made in the USA has a lot of paint missing and plenty of oxidation due to water getting in under the paint work the components still worked fine. The entire bike is kitted out with Suntour XCD group set with 6 speed thumb shifter's and a Sugino crankset. After replacing all the cables and outers, tyres & tubes and a new chain, pair of Oury grips it's ready to ride once again. As you can see from the photos below it was looking pretty rough when it arrived but after a few hours work it looks a bit better. In my opinion it was a shame Cannondale moved all their production to Taiwan and the " Hand made in the USA " label was the main selling point of the company which had survived for many years in the USA. Many die hard Cannondale fans wouldn't even consider buying a Cannondale that was made outside of the USA and just recently vintagecannondale.com has been told to stop selling it's reproduction vintage Cannondale frame decals. Vantagecannondale.com was providing a great service for people who were restoring their old Cannondale's back to their former glory, but it seems the new owners of Cannondale don't really care a lot about the history of their brand and why it became so popular - a " Hand made in Taiwan " sticker certainly is not as attractive ! 土曜日の午後に、ひとりのご婦人が非常に古いキャノンデール社製のマウンテンバイクを店へ持ち込んで来ました。奇麗に整備して娘さんが大学への通学に使用できるようにしたいとのことでした。年代ものの割には状態もよく、ご婦人の希望はフルレストアよりも単に奇麗に整備して乗れるようにして欲しいとのことでした。そのマウンテンバイクは、24年前に現在は存在しない地元の自転車店で購入されたものです。当時の日本はバブル期の最中で景気も良く、人々が高価なアイテムを買い求めた時期でした。長い年月を経ていますがヘッドセット、ボトムブラケット、ホィールベアリングなどはまだ完璧な状態でした。そしてアメリカ製の合金フレームは水分が塗料の下に染み込んでしまったために塗料の剥げ落ちや錆が多数ありましたが、各種部品はまだ立派に機能していました。自転車としてはサンツアー社製の親指シフトの6段変速機とスギノ製のクランクセットを装備していました。ケーブルなどの付属品を取り替えて、タイヤとチューブ、新しいチェーン、オーリーグリップを取り付ければ再び乗ることができるようになります。下の写真でお分かりのように持ち込まれた時にはかなり荒れた外観でしたが、2,3時間手をかけただけでだいぶ良くなりました。以下は私の意見ですが、キャノンデール社がすべての生産を台湾へ移してしまったのは残念なことです。アメリカで長い間生き残ってきたキャノンデール社にとっては「Hand made in USA」のラベルは大きなセールスポイントでした。多くの根強いキャノンデールファンにとっては、アメリカ国外で製造されたキャノンデールなんて購入の対象外です。そしてつい最近のことですが、Vintagecannondale.comはビンテージ・キャノンデールのフレームステッカーの複製品の販売を中止するように申し渡されています。Vintagecannondale.comは古いキャノンデールをレストアして以前の輝きを取り戻そうするユーザーの人達にとって素晴らしいサービスを提供し続けていました。しかし、キャノンデールの新しいオーナーの人達は自分たちのブランドの歴史には興味がないようです。その歴史こそがキャノンデールの人気の理由だったんですけどね。。。「Hand made in Taiwan」のステッカーは確かに魅力がありませんよね。