Thursday, 17 May 2012

The long Ride - on a unicycle !

Well as most people are out getting in some last minute training rides on their road bikes before the popular Sado Long ride which is being held this Sunday 20th , I thought I'd undertake a long ride of my own but with a difference - I did it on my Nimbus 24 inch ISIS freestyle unicycle !. I started uni cycling again early last year as I was looking for something fun to do in my spare time as I used to ride unicycles back in New Zealand about 20 years ago. My unicycle is a standard Nimbus 24 inch freestyle unicycle with a few upgrades such as 150mm Kris Holm cranks and Odyssey plastic pedals - it's really designed to short rides and trick riding but I thought I'd test it out on a longer distance. I'm pretty busy so I don't get to practice as much as I should but I loaded the uni cycle into my van and drove out to the half way point of the Shibata - Akadani cycle road which is one of my favorite places to cycle alongside the kaji river in the mountains of Shibata. I was a bit worried as I have never ridden my uni cycle very far and riding one is a lot harder than a normal bike because you must keep your balance all the time and going uphill or downhill is a real challenge. The route I picked climbs steadily towards the end of the cycle road and is of course down hill most of the way back from where I started from. I'm pleased to say I rode the full 11km return trip with several break stops along the way and actually my legs feel fine which is great. I certainly surprised the other cyclists along the bicycle road and I think in the future I'll build or buy a larger unicycle either a 26 inch or a 29 inch unicycle which will allow me to ride faster. 今度の日曜日の20日に開催されるSado Long rideに向けてロードバイクで最後のトレーニングをしている人もいると思いますが、私はちょっと違うスタイルのロングライドを行おうと思いました。私の所有するNimbus 24 inch ISISのフリースタイル一輪車でのロングライドです。私は昨年の早い時期に一輪車を始めていました。20年ほど前にニュージーランドにいた頃によく一輪車に乗って楽しんでいたように余暇で何か面白いことをして楽しみたいと思っていたからです。私の一輪車はNimbus 24 inchフリースタイル一輪車の標準的なものですが、150mm Kris Holm cranksやOdyssey plastic pedalsで一部改良を加えてあります。それらの部品は本来は短い距離の走行や曲芸走行用なのですが、もっと長い距離での走行を試してみようと思ったのです。本当は事前に練習すべきところですが私が忙しいので練習しないまま一輪車を軽ライトバンに積み込んで新発田・赤谷サイクルロードの中間地点へと出かけました。そこは新発田市の山中の加治川沿いにサイクリングができる私のお気に入りの場所です。それまで一輪車で遠出したことがなかったので少し心配でしたし、一輪車は常にバランスを保っていなければならないので普通の自転車に比べるとはるかに難しいのです。上り坂や下り坂などは非常にチャレンジングです。私が選択したルートは出発点からサイクルロードの終着点に向かってだらだらと上り坂になっていて、もちろん帰り道は大部分が下り坂となります。途中で何回か休憩を取りながらも往復11kmの道のりを完走できたことは嬉しいですし、幸いなことに私の脚も大丈夫でした。サイクルロードにいた他のサイクリストの人達は一輪車に乗った私を見てさぞかし驚いたことでしょう。私は将来的には26インチか29インチの一輪車を自作するかあるいは購入したいと思っています。そうすれば今よりもっと早く走行することができるでしょう。
Pictured below are a few photos taken on my 1st ever uni cycle long ride !

Friday, 11 May 2012

Cinelli Super Corsa

Just yesterday one of our staff members received his brand new made in Italy Cinelli Super Corsa in Titanium Grey , list below is the frame details from the Cinelli web site and photos of the frame. ちょうど昨日、スタッフの一人に彼の真新しいイタリア製チネリ・スーパーコルサ(チタニウムグレイ)が届けられました。下記のリストはCinelliウェブサイトからのフレーム詳細と届いたフレームの写真です。
Rosso Ferrari - Bianco Perla - Azzurro Laser - Titanium Grey - Verde Jaguar - Black Tie - Blu China - Giallo Curry Sizes 48 / 64 - 1 cm - Full Custom Tube set Columbus SL Frame weight 1790 g Bottom bracket threading ITA BB Seatpost diameter Ø 27,2 mm Front derailleur Braze-on Fork Columbus SL 1” threaded Fork weight 665 g The legend which has been running for more than 40 years with all the necessary technological upgrades: • Investment castings and Cinelli ‘spoiler’ bottom bracket. Original Cino Cinelli fastback seat stay design. Columbus top of the range Niobium steel tubes in traditional diameters. Jewellery-like chrome finish and 8 classic colours for a frame that will be forever present on this planet.

Thursday, 10 May 2012

2012 Kona Jake review

well now that I have owned a 2012 Kona Jake for 6 months and have given it a good test I thought I should write a review on it. First up let me explain that most of my life has been spent riding MTBs & vintage bicycles so why did I purchase the Kona Jake ?, well since these days most of my cycling consists of a daily 16km commute into the city and back where I work as the manager / mechanic of a bicycle shop here in Niigata city , Japan and it often rains plus we get about 4 - 5 months of snow most years and the roads are rough I thought I'd try a cross bike as my main mode of transport. In fact I had never seen a Kona Jake in the flesh but the catalog picture looked pretty nice and the components that came on it for the price made it a fantastic deal - no wonder they sold out so quick !. The frame is made from Kona's Aluminium butted 7005 tubing and comes in the following sizes 47cm, 49c,, 53cm & 56cm with a Shimano 10 speed Tiagra / 105 drive train. The tyres are Maxxis Mud Wrestlers 700 x 32 mm although the catalog specs listed the tyre width at 35 mm. Since owning it I have ridden it to work everyday no matter what the weather and my New Years resolution was to cycle more and drive less so starting on the 3rd of Jan 2012 I rode the Jake to work in deep snow , much to my surprise it handled the snow with ease and once you selected the appropriate gear for the conditions it was rather easy to cycle in the snow and the mud buster tyres worked fine. Like most bicycles it came with cheap pedals so I quickly swapped them for a pair of Tioga surfoot MTB pedals with sealed bearings so I had plenty of grip when riding in my winter boots through the snow. I've since changed the WTB Valcon comp saddle which was fine for regular commutes but I found it uncomfortable on a 100km ride so have replaced it with a Brooks B17 instead. I did upgrade the Tektro Oryx cantilever brakes to some Tektro CR720s which have to be the best value cantilevers on the market, squeal free and very powerful !. So if you are looking for an aluminum cyclo cross bike to ride to work on no matter what the weather, a cross bike that will handle weekend races or you are keen to do some long distance touring - The Jake is the bike for you that is if you can find one still for sale . The Kona Jake sold out in Japan very quickly and since owning it I can now see why it did, it's great value for money and has not let me down once even in - 3 deg snowstorms. Pictured below are a few photos of the Jake , the catalog picture of what it looks like and my own bike since making a few changes to it. さて、私が2012Kona Jakeを所有して6カ月が経過して、その間色々と試してみたこともありますのでレビューを書くことにしました。まず最初にこれまでの人生の大半をMTBやビンテージ自転車に乗ってきた私がなぜKona Jakeを購入したのかを説明させてください。最近の私の自転車の使用は、ここ新潟市で私がマネジャー兼メカニックとして働いている自転車ショップまでの往復の通勤の1日16kmの使用です。この地域は雨が多くほとんど毎年4~5カ月間は雪に覆われます。道路もでこぼこがあるのでメインの移動手段としてクロスバイクを試してみたいと考えていました。実際のところ私はそれまで実物のKona Jakeを見たことはありませんでしたが、カタログの写真を見る限りではかなり良く見えましたし、装着されているパーツは価格の割にはとても素晴らしいものでした。直ぐに売り切れてしまうのも納得でした。フレームはKona製のアルミニウム接合管から成り、シマノ10速Tiagra/105のドライブトレインでサイズは43、49、53と56cmがあります。タイヤはカタログ掲載のスペックでは35mmとなっていましたが、Maxxis Mud Wrestlers700×32mmです。私がKona Jakeを所有するようになってからはどんな天気の日でも問題なく通勤に使用しています。私の今年の新年の抱負は「自転車の利用をより多くして、自動車の利用をより少なくする」ということでした。従って、1月3日から深い雪の中でJakeでの通勤を始めていますが、驚いたことに雪道での取り回しは容易で、更に路面の状況に応じた適切なギアを選択すればより容易になりますし、マッド用タイヤは非常に良く効きました。ほとんど多くの自転車がそうであるように最初は安物のペダルが装着されていましたが、私は直ぐにシールドベアリング付きのTioga surfoot MTBペダルに取り替えておきましたので、雪の中で冬用ブーツで乗っても十分なグリップを得ることができました。サドルはWTB Valcon compサドルを取り付けていましたが、それは普段の通勤には十分ですが100kmの自転車行には不向きだと分かったのでBrooks B17に取り替えました。また、Tektro OryxカンチブレーキはTektro CR720sにアップグレードしましたが、このブレーキはキーキーきしむ音を出さず非常に強力に効くので市販のカンチブレーキの中では最高のものです。どんな天候の時でも通勤に使えるようなアルミニウム製のシクロクロス用バイクや週末のレースに使うようなクロスバイクを探している方、または長距離のツーリングをしてみたいと考えている方、こんな方々にはJakeが最適です。もっとも、まだ売りに出されているJakeを見つけることができればの話ですが。Kona Jakeは日本ではあっという間に売り切れてしまいましたが、私はKona Jakeを所有してみてその理由が分かりました。価格以上の大きな価値を持っているのです。なにしろ、零下3度の吹雪の中でも一度も私を失望させたことがありません。下の写真はJakeの写真ですが、カタログ掲載のものと少し手を加えた後の私のJakeです。

Sunday, 6 May 2012

1988 Cannondale MTB

On Sat afternoon a lady showed up at my bicycle shop with a really old Cannondale MTB that she wanted cleaned up so her daughter could ride it to university . For it's age it was still in good condition and although a full restoration would have been nice, she only wanted it cleaned and ride able rather than restored. It was purchased 24 years ago in a local bicycle shop that no longer exists and during that time it was the bubble era for Japan when people were making a good salary and buying expensive items. The head set, BB and the wheel bearings were still perfect after all those years and although the alloy frame which was made in the USA has a lot of paint missing and plenty of oxidation due to water getting in under the paint work the components still worked fine. The entire bike is kitted out with Suntour XCD group set with 6 speed thumb shifter's and a Sugino crankset. After replacing all the cables and outers, tyres & tubes and a new chain, pair of Oury grips it's ready to ride once again. As you can see from the photos below it was looking pretty rough when it arrived but after a few hours work it looks a bit better. In my opinion it was a shame Cannondale moved all their production to Taiwan and the " Hand made in the USA " label was the main selling point of the company which had survived for many years in the USA. Many die hard Cannondale fans wouldn't even consider buying a Cannondale that was made outside of the USA and just recently vintagecannondale.com has been told to stop selling it's reproduction vintage Cannondale frame decals. Vantagecannondale.com was providing a great service for people who were restoring their old Cannondale's back to their former glory, but it seems the new owners of Cannondale don't really care a lot about the history of their brand and why it became so popular - a " Hand made in Taiwan " sticker certainly is not as attractive ! 土曜日の午後に、ひとりのご婦人が非常に古いキャノンデール社製のマウンテンバイクを店へ持ち込んで来ました。奇麗に整備して娘さんが大学への通学に使用できるようにしたいとのことでした。年代ものの割には状態もよく、ご婦人の希望はフルレストアよりも単に奇麗に整備して乗れるようにして欲しいとのことでした。そのマウンテンバイクは、24年前に現在は存在しない地元の自転車店で購入されたものです。当時の日本はバブル期の最中で景気も良く、人々が高価なアイテムを買い求めた時期でした。長い年月を経ていますがヘッドセット、ボトムブラケット、ホィールベアリングなどはまだ完璧な状態でした。そしてアメリカ製の合金フレームは水分が塗料の下に染み込んでしまったために塗料の剥げ落ちや錆が多数ありましたが、各種部品はまだ立派に機能していました。自転車としてはサンツアー社製の親指シフトの6段変速機とスギノ製のクランクセットを装備していました。ケーブルなどの付属品を取り替えて、タイヤとチューブ、新しいチェーン、オーリーグリップを取り付ければ再び乗ることができるようになります。下の写真でお分かりのように持ち込まれた時にはかなり荒れた外観でしたが、2,3時間手をかけただけでだいぶ良くなりました。以下は私の意見ですが、キャノンデール社がすべての生産を台湾へ移してしまったのは残念なことです。アメリカで長い間生き残ってきたキャノンデール社にとっては「Hand made in USA」のラベルは大きなセールスポイントでした。多くの根強いキャノンデールファンにとっては、アメリカ国外で製造されたキャノンデールなんて購入の対象外です。そしてつい最近のことですが、Vintagecannondale.comはビンテージ・キャノンデールのフレームステッカーの複製品の販売を中止するように申し渡されています。Vintagecannondale.comは古いキャノンデールをレストアして以前の輝きを取り戻そうするユーザーの人達にとって素晴らしいサービスを提供し続けていました。しかし、キャノンデールの新しいオーナーの人達は自分たちのブランドの歴史には興味がないようです。その歴史こそがキャノンデールの人気の理由だったんですけどね。。。「Hand made in Taiwan」のステッカーは確かに魅力がありませんよね。

Friday, 4 May 2012

Surly Long Haul Trucker - custom build

Today I finished building up a new Surly Long Haul trucker touring bike for a customer , this bike has under gone a complete change and certainly does not look like a standard Surly anymore !. First I removed the drop bars with the Tektro levers and fitted a 3 speed style open bar complete with Brooks leather grips and Dia Compe 135 levers. The bike originally had bar end shifter's but they were replaced with Shimano Dura Ace down tube shifter's instead and the saddle was up graded to a Brooks B17 champion special. As it rains a lot here in Niigata the customer requested fenders and decided on the classic made in Japan Honjo fenders which are really nice and look the part against the black frame. The pedals are Japanese MKS 94mm wide touring pedals which for the price are fantastic pedals are perfect for everyday riding. Pictured below are a few 今日、私はお客様から依頼のあったSurly Long Haul touring bikeの組み立てを完了しました。この自転車はすっかり組み立て直したので、もはや標準的なSurlyのようには見えないかも知れません。まず最初にテクトロ製のブレーキレバーの付いたドロップハンドルを取り外して、ブルックス製のレザーグリップ、ダイアコンペ135のレバーの付いた3段変速式のオープンバーを取り付けました。この自転車には元々はバーエンドシフターが取り付けられていましたが、それを取り外し、代わりにShimano Dura Aceのダウンチューブシフターを取り付けました。そしてサドルはブルックス製のB17チャンピオンスペシャルにアップグレードしました。ここ新潟は雨の多い地域なのでお客様はフェンダーの取り付けを希望していました。そこでクラシックな作りの日本製のホンジョウフェンダーを採用することにしました。とても素晴らしいフェンダーで黒いフレームに良く合います。ペダルは日本製のMKS製94ミリ幅のツーリングペダルですが、お買い得の素晴らしいペダルで日常使いには最適です。下の写真はthe 56cm Long Haul Trackerの写真です。
photos of the 56cm Long Haul Trucker

Wednesday, 2 May 2012

Niigata , Yahiko, Iwamuro 100km loop part 3

After a tough slog heading back along the seaside line in the head wind I finally made it back to my bicycle shop which was closed for the day, but a delivery truck had delivered 6 new bicycles so I'll be busy tomorrow building them up as all of them are customers orders that have been purchased in the last few days. After a short break I rode to my favorite place to eat " Cafe Velo " and had the cottage pie set and a couple of locally brewed Echigo beers which went down really well after such a long hot ride. Lessons learned today - wear sun lotion even in May, my Kona saddle is very uncomfortable on long rides and my Keen Austin pedal shoes are a lot more comfortable than my old Shimano MT31s ! Pictured below are a few photos taken on my return to Niigata City シーサイドラインに沿って逆風の中の厳しく困難な帰路でしたが、どうにかこうにか休業日のフルマチバイシクルに戻って来ました。休業日ではありましたが、宅配トラックが6台の新しい自転車を届けに来ました。それらはここ数日中にお客様から注文のあった自転車なので明日はその組み立てで忙しくなりそうです。少し休憩した後で私のお気に入りの食事処「カフェ・ヴェロ」へ向かいました。カフェ・ヴェロではカッテージパイ・セットと地ビールの越後ビールを数杯いただきました。暑い日に長く自転車に乗った後だったので本当にすっきりとしました。私が今日得た教訓は次のとおりです。5月でも日焼け止めローションを塗ること。私が今Konaで使っているサドルは長距離には不向き。私にとってKeen AustinのペダルシューズはシマノのMT31sよりもはるかに快適。 下の写真は新潟市への帰路の写真です。

Niigata , Yahiko , Iwamuro 100km loop part 2

After following the coast road along to the Bunsui canal I took a left and rode along the side of the Bunsui until I reached route 2 which heads towards Yahiko village. By this time I had almost drained my 2 ltr Camelback hydration bladder and was in some serious need of more water so when a local information center appeared I stopped to refill my water supplies and by this time it was 27 deg and pretty hot which is very strange for May !. After pressing on I soon arrived in Yahiko village and enjoyed the rolling hills down to the nearby village of Iwamuro which is famous for it's hot springs and after leaving the outskirts of Iwamuro I decided to try a mountain pass road that would lead me back over the mountain to the coast that I had ridden up early that day. Right near the crest of the climb I noticed something strange with my rear wheel and quickly dismounted to discover a puncture. After expressing my feelings with some popular swear words I took out the rear wheel and used the water ditch at the side of the footpath to hold my bicycle, just drop the wheel in the ditch and place your cranks evenly and the saddle makes a great work stand to place your tube on while sanding it down for a patch. After fitting the patch and testing the tube I then inspected the tyre for the cause of the puncture which when located was a small shard of metal , this is why you must always carry repair tools, patch kit and a pump on every ride. It was my 1st puncture in 6 years so I've been pretty lucky I guess. After a nice long downhill I entered a small fishing village on the coast and had to face some long hard climbs and the long tunnels I had ridden through earlier that day. The return leg from Kakuda beach back into Niigata city seemed to take forever as there was a strong head wind and plenty of sand getting blown about which wasn't so pleasant. Around this time I came to realize that the stock saddle on the Kona was fine for around town but even though I was wearing good quality cycle shorts,my ass was not feeling the best. I guess I have been using Brooks leather saddles for so long that a modern saddle does not suit me at all so in the near future I'll be putting my broken in Brooks B17 on the Kona for comfort. I'm not a racer so I don't care about the Brooks being heavier and in my view cycling is supposed to be an enjoyable activity so a comfortable saddle is a must.Pictured below are a selection of photos from Yahiko & the mountain pass 海沿いの道を大河津分水まで進み、左折して弥彦村に通じる県道2号まで進みました。 この時までに、私の2リットルのキャメルバック・ハイドレーション・ブラッダーはほとんど空になっていて水の補給が必要でした。そこで地元のインフォメーションセンターが見えた時に水の補給のために立ち寄りました。この時点で気温はすでに27度と5月にしてはなんとも暑い日となっていました。暑さにめげずに進むと直ぐに弥彦村に到着し、そこから近くにある温泉で有名な岩室村に向かって起伏のある丘を快適に下りました。岩室村の周辺を離れた後で、私は山の向こう側の今朝通った海岸を目指して峠越えの道に挑戦することにしました。ちょうど峠に差し掛かった頃に、私は後輪に異常を感じたので直ぐに自転車を降りたところ、なんと後輪がパンクしているではありませんか。私は思わず口汚い言葉を叫んでしまいましたが、直ぐに後輪を外して道路わきの側溝を利用して自転車を立てました。車輪を側溝に入れてクランクを水平に保つとサドルがちょうど良い作業スタンドになり、パンクしたチューブを掛けてパッチ当てのために磨くことができました。パッチを当ててチューブをテストした後でパンクの原因を探るためにタイヤを詳しく調べてみました。パンクの原因は小さな金属片でした。こういうことがあるから、自転車に乗る時はいつも工具、パッチキット、ポンプを携行しなければいけないんですね。これが私にとっては6年間で初めてのパンクでしたが、かなりラッキーだったんだと思います。快適な長いダウンヒルが続いた後で海岸沿いの小さな漁村に着きましたが、ここから先は今朝通って来た長くて困難な登り坂と長いトンネルに直面しなければなりません。角田浜から新潟市への帰り道は、強い向かい風と吹きつける大量の砂のために決して快適とは言えず、永遠に時間がかかるのではないかと思うほどでした。この頃には、私は普段Konaで使っているこのサドルは街乗りには十分だけれど今回は不向きだったと実感していました。その時、私は上質な自転車用のショーツを穿いていましたが、私のお尻は決して快適ではなかったのですから。私は長い間ブルックスのレザーサドルを使用していたので最新のサドルが合わないんですね。近いうちに使い慣れたブルックスのB17をKonaに取り付けてもっと快適にしようと思っています。私の考えでは、サイクリングは楽しめるアクティビティであるべきです。そのためには快適なサドルは必須です。下の写真は「弥彦」と「峠越え」から選んだものです。

Niigata , Yahiko , Iwamuro 100km loop

Well since I have had my 2012 Kona Jake it's really been only used as my daily commuter into the bicycle shop and back home everyday in rain, snow and shine. It has never let me down once and I have to say it was a good purchase as with the 10 speed Tiagra drive train and 3 chain rings up front it can go anywhere. As the weather has been so nice this Golden Week holiday I decided to take Jake up the coast around Mt Yahiko and back to test it out on a long ride. I left home around 7.30am this morning and was scouting out a course for the proposed Niigata Long Ride which will be held for the 1st time in 2013. The trip out along the coast was rather easy and often I was cycling in the high 20s and up to 30km per hour which was nice, even so I was still passed by super fit roadies on light weight carbon fiber racers who were most likely training for the big Sado Island long ride in late May.Just after Kakuda beach the road narrows and the steep climbs begin, of course there are some awesome downhills where you can easily get up to 60km coasting which is great fun. But the hill climbs are tough and one of the 1st major climb is 7% which is rather long but thank god for my granny gear I was able to slowly ride up it with no problems at all. I did get a big shock on the steepest section of the climb when a road cyclist on a lightweight Time carbon bike flew past me like I was standing still - unbelievable !. Pictured above are a few photos from the early stages of today's ride. さて、私がKona Jakeを所有するようになってからは雨、雪、晴天などの天気に関係なく自宅から自転車ショップへの毎日の通勤には専らこの自転車を使用していました。この自転車は一度も私を失望させたことはなく、10速のティアグラ・ドライブトレインと3枚のチェーンリングを装備したこの自転車は実にお買い得だったと言わざるを得ません。ゴールデンウィークの連休中は天気が良かったので、Jakeで弥彦まで海岸を往復して長距離の乗車を試してみようと思いました。私は今朝7:30に自宅を出発して2013年に第1回目の開催が予定されているNiigata Long Rideのコースを下見していました。海岸沿いの自転車旅行は何の問題もなく、私はしばしば20Sの時速30kmの高速で飛ばしていましたが、それは非常に快適でした。それでもぴったりとしたロードウェアに身を包んでカーボンファイバー製の軽量自転車に乗った人に追い越されました。どうやら5月下旬に開催されるthe big Sado Island long Rideに向けて練習している人のようでしたね。角田浜を過ぎた辺りから道路が狭くなり急勾配の登り坂が始まりました。もちろん凄い下り坂もあり、そこでは間単に時速60kmに達することができて非常に楽しめました。しかし、ヒルクライムは厳しいものがあり、最初の大きな登り坂は7%の斜度があるかなり長いものでした。私の自転車の旧式のギアはよく働いて、おかげでゆっくりとではありますがまったく何の問題もなく登ることができました。最も急な上り坂でタイム社製の軽量カーボン自転車に乗った人が飛ぶように私を抜き去った時には非常にびっくりしました。信じ難いほどでした。下の写真は、今日の私の自転車旅行の初期の行程で撮った写真です。